– 口座開設の為のFX会社比較 –

週間テクニカル分析 2016年2月25日 ユーロ/ドル相場観-FX 初心者が失敗しない10ヶ条-

週間テクニカル分析 2016年2月25日 EUR/USD 相場観

週間テクニカル分析 2016年2月25日

ユーロドル週間分析(2月15日~2月19日)
※表示時間はロンドン時間、使用チャートはMT5となっています。
先週はオープンから小幅ながらも軟調な推移となり、1.1060ドルまで安値を広げました。1.1ドルを上限としたレンジが続いていた事や一目均衡表の雲が1.11ドル付近に位置していた事もあり、1.1ドルを割り込む事はありませんでしたね。
今週に入ると英国のECB離脱の可否などの問題により軟調となりユーロドルは1.10ドルを割り込んでしまっています。
【画像 ユーロドル長期分析 2月15日~2月19日4時間足 一目均衡表】

ユーロドル長期分析
ユーロドルは軟調な推移となっており、1.12ドル前半から1.1060ドルまで下落しています。下落幅はあまり大きくはありませんが、一目均衡表の雲を下抜いた事や移動平均線を下回ってしまった事で軟調な推移となりやすい傾向となっています。また今週に入り1.1ドルを割り込んだ事で急落のリスクも増しているので注意しておきましょう。
ユーロドル短期分析
※赤いマークがエントリーポイント、赤い線はロスカット、黄色の○が利確ポイントとなっています。
【画像 ユーロドル短期分析?@ 2月15日~2月19日15分足 一目均衡表】

先週は1.1370ドルの高値からの調整下落が続いていた事もあり、短期下降トレンドを上抜ければ上昇する可能性が非常に高くなると考えていました。火曜日の朝に下降トレンドや移動平均線群を上抜いたので押し目買いを狙いましたがすぐに下落したのでその後は様子見としました。
?@ のトレードポイントは1.1370ドルからの調整下落が続いていた為に戻り売りのチャンスを狙っていました。オープン直後だっただけにロスカットを浅くし、下降トレンドを上抜いたらすぐにでも押し目買いに切り替えられるようにしていましたが順調に下落していきました。利確ポイントは移動平均線群を上抜いた所となっています。
?Aのトレードポイントは?@の後に下降トレンドを上抜き、移動平均線群でサポートされた所となっています。エントリー直後は上昇していきましたがすぐに下落し、直近安値を下抜いてしまったのでロスカットとなっています。その後も乱高下気味でデイトレードがやりにくい展開だった事もありトレードは様子見としました。
【画像 ユーロドル短期分析?A 2月15日~2月19日15分足 一目均衡表】

先週は軟調な推移が続いていました。予想以上に下落した事で押し目買いを入れてしまった方も多くいるようですね。1.1ドルを下回った事で下落リスクも高まっており、ここからは流れに付いていくトレードをした方が良さそうです。
上昇する可能性も残ってはいますが、このまま上昇出来ずに下落が続くと1.07ドル付近まで下落する可能性もあるので十分に注意したいですね。それでは今週も頑張りましょう!
関連記事
デイトレード
ユーロの特徴と値動き
一目均衡表

 2016.2.25 記

【今週の注目経済指標・要人発言】
10:00中国2月製造業PMI
2月非製造業PMI10:45中国2月財新製造業PMI10:45オーストラリアRBA政策金利発表17:55ドイツ2月失業率
2月失業者数
2月製造業PMI・確報値18:00欧州2月製造業PMI・確報値18:30イギリス2月製造業PMI19:00欧州1月失業率22:30カナダ12月GDP
第4四半期GDP24:00米国2月ISM製造業景気指数</tr

日付

時間

指標・要人発言、講演

2月25日(木) 16:00 ドイツ 1月消費者物価指数・確報値
3月GFK消費者信頼感調査
18:00 欧州 1月マネーサプライM3
18:00 イギリス 第4四半期GDP・改定値
19:00 欧州 1月消費者物価指数
22:30 米国 1月耐久財受注
新規失業保険申請件数
23:00 米国 12月住宅価格指数
第4四半期住宅価格指数
2月26日(金) 06:45 ニュージーランド 1月貿易収支
19:00 欧州 2月消費者信頼感・確報値
22:00 ドイツ 2月消費者物価指数・確報値
22:30 米国 第4四半期GDP・改定値
22:30 カナダ 12月小売売上高
1月消費者物価指数
24:00 米国 1月PCEコアデフレータ
2月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値
2月29日(月) 06:45 ニュージーランド 1月住宅建設許可
19:00 欧州 2月消費者物価指数・速報値
22:30 カナダ 第4四半期経常収支
23:45 米国 2月シカゴ購買部協会景気指数
23:45 米国 1月中古住宅販売成約
3月1日(火) 09:30 オーストラリア 第4四半期経常収支
1月住宅建設許可件数
3月2日(水) 09:30 オーストラリア 第4四半期GDP

関連記事

米ドル円スプレッドランキング

1. ヒロセ通商(ライオンFX)

→ドル/円0.2銭!驚愕の低コスト!

2.GMOクリック証券

米ドル/円0.2銭(原則固定)
TVCMでお馴染み!

3. DMM FX

→0.2銭(原則固定)

4.YJFX!

→米ドル/円0.2銭 (原則固定)安心・便利なFX業者です!

5.SBI FXトレード

米ドル/円0.27銭(原則固定)
※但し1万通貨まで

ユーロドルスプレッドランキング

1.ヒロセ通商(ライオンFX)

ユーロ/米ドル0.4pips銭(原則固定)!文句なしNo.1!

2.GMOクリック証券

ユーロ/米ドル0.4pips(原則固定) 顧客満足度1位!

3.DMM FX

→ユーロ/米ドル0.5pips!国内口座数第1位!

キャンペーン・特典情報

今現在行われているキャンペーン・特典情報を集めました。

どうせ申し込むならお得なFX業者を選んで賢くはじめちゃいましょう。

セントラルミラートレーダー

新規口座開設で最大3万円キャッシュバック実施中!

GMOクリック証券

新規口座開設で最大30,000円キャッシュバック特典実施中!

FXプライム byGMO

”全員対象のキャンペーンもあり!詳しい特典は、*公式サイト*でご確認下さい。。

LIONFX

ライオンFXのヒロセ通商 顧客満足度一位獲得キャンペーン実施中!

みんなのFX

新規口座開設後、取引量に応じ、最大50,000円キャッシュバック!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

新規口座開設後、1取引だけで5,000円キャッシュバック!

FXといえば

【当サイト限定タイアップ】7,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

マネーパートナーズ

【当サイト限定タイアップ】5,000円+1,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

JFX

新規口座開設10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

重要経済指標の部屋

  • 重要経済指標の部屋