– 口座開設の為のFX会社比較 –

セントラル短資FXの特徴を徹底分析!

セントラル短資FX

  • 長期信用格付はFX専業会社内で9年連続NO.1の超優良FX会社です。
  • カンタン操作の高性能ツールでFX取引を体感! 『クイックチャート・トレードプラス クイックトレードプラス for iPhone クイックトレードプラス for Android』
  • 簡単システムトレードのミラートレーダーの取引開始!

セントラル短資FX

セントラル短資FXの最新キャンペーン情報

 2018年6月1日~2018年7月31日 6・7月新規口座開設キャンペーン

上記期間中に、新規で口座を開設して、「FXダイレクトプラス」で取引し、条件をみたしたら最大2万円をキャッシュバック! キャンペーンの詳しい内容・条件等は以下バナーから確認してください。

 

2018年6月4日~2018年6月29日 トルコリラ/円スプレッド縮小×キャッシュバックキャンペーン

キャンペーン期間中にトルコリラをスプレッド縮小します。さらに、トルコリラ/円の新規取引に応じてキャッシュバックいたします。キャンペーンの詳しい内容・条件等は以下バナーから確認してください。

2018年6月4日~2018年6月29日 ポンド/米ドル&豪ドル/米ドル限定キャッシュバックキャンペーン

キャンペーン期間中にポンド/米ドル、豪ドル/米ドルを取引に応じてキャッシュバック!キャンペーンの詳しい内容・条件等は以下バナーから確認してください。

 

セントラル短資FXの特徴

セントラル短資FXは100年の歴史を持つセントラル短資のグループ会社です。短資会社とは簡単に言えば短期金融市場よくFXで話題になるインターバンク市場などもその一つですが、その中において金融機関同士の間に立ち資金の取引を行うプレイヤーですが、法的に【主としてコール資金の貸付け又はその貸借の媒介を業として行う者で金融庁長官の指定するもの】とされており、現在においては3社しかない短資会社の一つがセントラル短資です。

したがって仲介業者としての中立的な公平性を100年も守り続けてきたセントラル短資グループは、その為もあり、数々の著名なレポートが充実し、中には会員でなくてもHP上で見れてしまうレポートもUPされています。今では100年以上の歴史をもつ会社を老舗会社と呼び、最近では良く海外でも取り上げられますが、実はFX会社の中にもあったんですよね。セントラル短資FXはそんな貴重な老舗FX会社です。

 

FXダイレクトプラス
カンタン操作の高性能ツールでFX取引を体感!さらに通常スプレッドを大幅に縮小決定!


セントラル短資FX 3つの取引形態

セントラル短資FXには3種類のFX取引形態が用意されております。
・スタンダードなFX取引用の【FXダイレクトプラス】
・システムトレード用の「セントラルミラートレード」
・インターバンク直結の「ウルトラFX」この3種類です。
ではそれぞれの管理画面をみながら特徴を見ていきましょう。
【FXダイレクトプラス】
※PCweb取引画面
PCweb取引画面
※クイックチャート・トレードプラス
クイックチャート・トレードプラス
一般的でスタンダードな取引となる【FXダイレクトプラス】です。PC取引画面は2種類用意されており、一つは画像上の「PCweb取引画面」でこちらはほぼ取引のしやすさに絞った取引画面になります。ワンクリック昨日に対応しており、さらに口座情報や各操作が視覚的・直観的に分かり易く配置され、FX初心者の方でもすぐに操作できる作りになっています。
画像下は「クイックチャート・トレードプラス」でして、ダウンロードして使用する取引画面になります。一番の特徴は自動売買に対応しているという事ですしょう。この自動売買結構優れもので、ルールを指定しての「設定型」とストラテジーを選択する「選択型」シストレに対応しています。
またプロでも使用感に違和感がない、各種テクニカル分析のパラメータ設定も可能になっています。さらに多くの通貨ペアを取引するとなるとどうしてもチャート表示を多く表示する必要に迫られますが、「クイックチャート・トレードプラス」でしたら各チャートやオーダーウィンドウ等の窓を簡単に移動設置できるのでPC画面一杯に各チャートを表示させられるのでオススメです。
【セントラルミラートレード】
※セントラルミラートレード画面
セントラルミラートレード
セントラルミラートレードは今や国内FX会社大手6者で採用されている、イスラエルのトレーデンシー社開発による選型と呼ばれるストラテジーを選択して設定するシストシステムトレードです。このミラートレーダーの一番の難しい所はいかに相性の良いストラテジーに出会えるかに掛かっています。ここで各社結構違うのがスプレッドなのです。
セントラル短資FXのミラートレードのスプレッド、スプレッドは各社非公開となっておりますので声を大きくして言えないのですが、実は1,2を争う位狭いのは間違いありません。またシステムトレード初心者の方でも安心してトレードできるように一から解説した動画やセミナーも用意されていますので安心して始められる事ができます。

【ウルトラFX】
※ウルトラFX画面
ウルトラFX画面

 

セントラル短資FXもう一つのFX取引がこの「ウルトラFX」になります。
取引の際、通常はディーリングルーム等を介して取引をするのですが、
ウルトラFXはディーリングルームを通さずインターバンクのプライスと直結しているため、
透明性が高く低スプレッドの価格表示を可能にしています。
ただしこのスプレッド、ちゃんとセントラル短資による上乗せは行っていますが、
その値HPで公表されています。さすがは短資会社って感じです。

しかしウルトラFXでは取引通貨ペアは少なく全部で9通貨ペアとなっています。
米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ドル/円、スイス/円、カナダ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、、
最低注文数量は5万通貨からで取引単位は1万通貨、最大注文数量が100万通貨とこちらの制限はかなり厳しいです。

では実際FXダイレクトプラスとウルトラFXではどの位スプレッドが違うのか見てみましょう。
米ドル/円1銭 VS 0.6銭、ユーロ/米ドル0.8pips VS 0.58pipsと圧倒的にウルトラFXの方が有利なのは言うまでもありせん。
ですので頻繁に取引するデイトレ中心であれば「ウルトラFX」、長期保有目的の取引であれば「FXダイレクトプラス」と
取引形態を分けて使用するのが良いでしょう。

セントラル短資FXのチャート機能

「FXダイレクトプラス」では先程ご紹介したクイックチャート・トレードプラスともう一つ、
高性能なチャート機能を持つプログレッシブチャートが用意されています。
こちらのチャートはクイックチャート・トレードプラスにあるような自動売買システムなどは搭載してなく、
純粋なチャート機能に特化したチャートとなっており、テクニカル分析は全部で31種類!フィボナッチはもちろんのこと、
ペンタゴンチャートまで装備されています。

FXダイレクトプラス テクニカル指標は全部で24種類!

トレンド系
(12種類)
移動平均線指数平滑移動平均移動平均乖離率ボリンジャーバンド一目均衡表
高値移動平均、安値移動平均、ポイント&フィギュアフィボナッチリトレースメント
パラボリックスパンモデル、日柄カウンター
オシレーター系
(12種類)
RSIRCIMACDストキャスティクスDMI
ヒストリカルボラティリティ、パーセントR、モメンタム、エンベロープCCI
トムデマーク、ATR、

 

しかし、こんなにテクニカル分析があっても実際、理解して使用するテクニカルってほんの一握りではないでしょうか。
しかしセントラル短資FXでは、そんなテクニカル音痴な方でもパッと見でテクニカル分析を理解できるような、
だれにでも利用可能なように開発した「みらいチャート」なるチャート機能もあるのです。
このみらいチャートの特徴は過去の同じような値動きを探しだし将来の値動きを予想するというもので、
過去の値動きとの類似度を%で表し「買い」「売り」「中立」と3つのサインを表示してくれます。
たしかにこれはFX初心者にありがたい機能ですが、こればかり見てるとテクニカル分析ができなくなっちゃう心配がありそうです。

 

【みらいチャート】

みらいチャート

まだまだあるセントラル短資FXのツール

一番最初にご紹介した著名人によるレポートやセミナーですが、
もう少し詳しく説明すると、曜日毎に日替わりで更新されるマーケットビューでは現在、野村雅道、和田仁志、山中康司、津田穣、松崎美子らにより相場観やテクニカル分析、市場センチメントまでそれぞれの得意分野のレポートを無料で読むことができます。

また会員向けには動画コンテンツが用意され、
西原宏一、山中康司、おばらっち、佐野 裕等、
相場感からシストレやミラートレーダーの使い方、さらには確定申告までと多岐にわたった動画コンテンツを配信しています。

セントラル短資FXの通貨ペア

取り扱い通貨ペア一覧(通貨ペア数:26)
米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ランド/円、スイス/円、NZドル/円、カナダ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/スイス、NZドル/スイス、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、米ドル/スイス、米ドル/カナダ、ユーロ/ポンド、ポンド/スイス、ユーロ/スイス、人民元/円、トルコリラ/円、香港ドル/円、ユーロ/豪ドル、ポンド/豪ドル、豪ドル/NZドル、NZドル

 

セントラル短資FXの手数料

取引手数料

手数料やスプレッドは変動の可能性がありますので最新の情報はセントラル短資FXのホームページでご確認ください。

1,000通貨 1万通貨 10万通貨
0円 0円 0円

※米ドル/円の場合

セントラル短資FXの取引数量

取引単位 最大注文可能数量 建玉保有制限
1,000通貨 500万通貨 必要証拠金(円換で)1億2,000万円まで

※米ドル/円の場合

セントラル短資FXのスプレッドと入出金手数料

スプレッド 入金手数料 出金手数料
米ドル/円1銭~
ユーロ/米ドル0.8pips~
無料(クイック入金) 0円

セントラル短資FXの注文機能

成行 指値 逆指値 IFD OCO IFO トレール 期日指定

セントラル短資FXのレバレッジ・証拠金

初回入金額 最大レバレッジ 法人レバレッジ
なし FXダイレクト:25倍 100倍

セントラル短資FXのサービス

マージンコール マージンコールライン ロスカットルール ロスカットアラーム
ロスカットライン 24時間入金 ネットで入金 デモトレード
オンラインセミナー 両建て注文 テクニカルチャート 価格通知メール

セントラル短資FXのモバイル対応

携帯電話対応の、情報閲覧や取引などは各外国為替証拠金取引会社によって違いますのでご注意ください。

スマートフォン iPad 携帯
iPhone ○ / Android ○ NTTドコモ ○ / au ○ / ソフトバンク ○

※機種によって、ご利用いただけない場合があります。

セントラル短資FX 詳細/会社情報

URL
http://www.central-tanshifx.com/
取引時間
月曜日午前7:00~土曜日午前6:40(サマータイム時:月曜日午前7:00~土曜日午前5:40)
キャンペーン
最新の情報はセントラル短資FXのHPでご確認ください。
会社名
セントラル短資FX
所在地
〒108-6314
東京都港区三田三丁目5番27号
三田ツインビル西館14階
電話番号
03-5419-3300 (カスタマーデスク 0120-30-8806)
資本金
13億1965万円
自己資本規制比率
479.8%
金融先物登録業者
関東財務局長(金商)第278号/社団法人金融先物取引業協会(会員番号1504)

※2015年11月末現在。
詳細はセントラル短資FXのホームページでご確認ください。

 

関連記事

米ドル円スプレッドランキング

1.SBI FXトレード

米ドル/円0.27銭(原則固定)
※但し1万通貨まで

2.GMOクリック証券

米ドル/円0.3銭(原則固定)
TVCMでお馴染み!

3. DMM FX

→0.3銭(原則固定)

4. ヒロセ通商(ライオンFX)

→ドル/円0.3銭!驚愕の低コスト!

5.YJFX!

→0.3銭 原則固定!安心・便利なFX業者です!

ユーロドルスプレッドランキング

1.ヒロセ通商(ライオンFX)

ユーロ/米ドル0.4pips銭(原則固定)!文句なしNo.1!

2.GMOクリック証券

ユーロ/米ドル0.5pips(原則固定) 顧客満足度1位!

3.DMM FX

→ユーロ/米ドル0.5pips!国内口座数第1位!

キャンペーン情報

今現在行われているキャンペーン情報を集めました。

どうせ申し込むならお得なFX業者を選んで賢くはじめちゃいましょう。

セントラルミラートレーダー

新規口座開設で最大3万円キャッシュバック実施中!

GMOクリック証券

新規口座開設で最大25,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

FXプライム byGMO

”全員対象のキャンペーンもあり!詳しい特典は、*公式サイト*でご確認下さい。。

LIONFX

ライオンFXのヒロセ通商 顧客満足度一位獲得キャンペーン実施中!

みんなのFX

新規口座開設後、取引量に応じ、最大10,000円キャッシュバック!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

新規口座開設後、1取引だけで5,000円キャッシュバック!

FXといえば

【当サイト限定タイアップ】7,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

マネーパートナーズ

【当サイト限定タイアップ】5,000円+1,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

JFX

新規口座開設10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

FXメルマガ

その日の経済指標をメールでお届けします
メルマガ登録
FX初心者が勝つ!今日の重要経済指標
購読希望の方は下記フォームにメールアドレスを入力して無料購読をクリックしてください。
>> メルマガ今日の重要経済指標!バックナンバー

重要経済指標の部屋

  • 重要経済指標の部屋