– 口座開設の為のFX会社比較 –

FX 両建て手法のメリット・注意点、両建てができるFX会社。管理人によるFX初心者へ為になるコラム -FX 初心者が失敗しない10ヶ条-

FX初心者が失敗しない10ヶ条TOP管理人によるFX初心者へ為になるコラムFX 両建て手法のメリット・注意点、両建てができるFX会社

FX 両建て手法のメリット・注意点、両建てができるFX会社

FX 両建て手法のメリット・注意点、両建てができるFX会社

fx 両建てとは

両建ての意味とは、買いポジション(ロング)を持っている時に、売りポジション(ショート)を持つトレード手法です。同等の建て玉をポジション取りすると、為替レートが上下しても損益金額が一定となります。

両建てをする人はたいてい、相場が当初予想した方向と反した動きをし、含み損を抱えた際に、 それ以上の含み損が増えるとロスカット(損切り)や追証となるギリギリの場面で両建てをする人がほとんどです。

いわゆる追証とはレバレッジを掛ける元となる取引証拠金が不足し、証拠金の追加を求められることです。

両建てをすると、くりっく365でない店頭FXですと、売りポジションの方がスワップポイントが 厚めとなっていますので、両建てをずっと保有しているとスワップポイントで 口座残高が少なくなっていってしまいます。ですので両建てはあまりオススメできません。

また、取引手数料がある場合には、 買いポジションと売りポジション両方で取引手数料を支払うことになりますので、 損失が増えるばかりです。FX初心者には難しいトレード方法なので、慣れるまではやはりオススメできません。

fx 両建てのメリット

しかし両建てにもメリットがあります。それは、含み損を持っている時に、逆ポジションを取ることによって心理的な不安を取り除けることです。両建てした際に上手に立ち回れば、反対ポジションもプラス決済して、最初のポジションもプラス決済をすることは可能です。

両建てをしたから必ず間違っているというわけではありません。また、含み益を持っている時に、含み益は逆指値決済注文を出しておいて、そろそろ反対方向に動きそうだけど先が見えにくいなーといったときに反対ポジションを持つというやり方も一つの手法です。

最初のポジションが逆指値で決済されたときに反対ポジションが今度は含み益を持っている状態ですので、さらに同方向のポジションを追加することで、利益を大きくしていくことができます。こういった両建てができることが理想の両建て手法だと思います。

ですので、両建ては必ずしも悪いという手法ではありません。上手に使えば利益を増やしていくことも可能です。

ちなみにDMMFXでは両建て取引が可能なのですが、スワップポイントががくりっく365方式と一緒で買いポジションスワップと売りポジションスワップの差がありません。という事は、買いポジション、売りポジションの両建てをした場合、スワップはプラスマイナス0円となりますので、両建て時スワップポイントでのマイナスがあり得ない会社となっています。

但し気を付けないといけないのが、証拠金は買いポジション、売りポジション両方に掛かってくるという事です。

あと海外のFX会社でよくある制度「ゼロカット制度」、これ日本でもあればもっと投資家が増えそうなのですが。

「ゼロカット制度」とは相場急変時、例えば先日のスイスフラン急騰のような場面で、一瞬にして口座残高以上にマイナスが膨れた場合、国内では追証が発生しますが、「ゼロカット制度」を採用している海外のFX会社では口座残高以上のマイナス部分は、そのFX会社が穴埋めしてくれるという、何とも太っ腹な制度なのです。

で考えたわけですが、この「ゼロカット制度」が使用できる2社に口座を開設し、両建てならぬ、それぞれの口座で売りポジション、買いポジションをパンパンのレバレッジで建てたとしたら、片方の損失は限定され、もう片方の利益は無限大!なんて妄想してた事もありましたが。結局は海外FX会社に口座を作る勇気がありませんでした。

両建てで注意しなければいけない事

両建てで注意しなければならないこととしては、取引残高が少ないときに両建てをするのは禁物だ、という事です。

取引残高が少なく、証拠金維持率が100%ぎりぎりだと次のポジションがもてなくなりますので、まったく身動きが取れなくなってしまいます。身動きがとれずに、両建てのポジションをずっと維持していると日に日に口座残高が少なくなっていき、しまいには証拠金維持率が100%を下回ってしまい追証を求められることになります。

ですので両建てをする際に注意をすることは取引残高に余裕がある時しか両建ては厳禁ということです。証拠金維持率100%近くなってしまっているのであれば、そのポジションは決済して、次のチャンスを待つことが一番望ましい取引方法だと考えます。

取引残高に常に余裕を持って取引をしていくことがFXでは重要です。含み損がかさみ両建てしたくなった際には、今一度立ち止まって取引残高を確認してください。100%に近い場合は、あきらめて決済する気持ちの強さを持ちましょう。

両建てができるFX会社

両建てができるFX会社は、「GMOクリック証券」、「みんなのFX」、「外為オンライン」、「FXトレーディングシステムズ」、「ヒロセ通商」、「マネーパートナーズ」、「セントラル短資FX」、「ひまわり証券」などがあります。

それぞれの会社で、スプレッドスワップポイントレバレッジ、そして手数料が違いますので、目的にあった部分が一番優れている証券会社を選びたいところです。

小職の考えではありますが、両建てをする際には、スプレッドが狭い証券会社を選択することが望ましいと思います。それは、スプレッドが狭いので、両建てした際に、両ポジションとも近い指値と逆指値注文をした際に、両ポジションとも決済される可能性が少しだけ高くなるということがいえます。

もう一つ重視したいのが、両建て時の証拠金の有無です。これは各会社によって様々です。買いポジション、売りポジション両方にかかる場合。どちらか一方にかかる場合。相殺され証拠金がかからない場合。と3つに判別されます。

断然良いのが相殺され証拠金がかからない場合ですね。以下に両建て可能なFX会社とスプレッド、証拠金のつき方を比較しました。ご参考までに。

↑TOP


両建てができるFX会社 スプレッド 両建て時の必要証拠金
ヒロセ通商 米ドル/円0.5~0.7銭
ユーロ/米ドル0.8pips
不要
マネーパートナーズ 米ドル/円0.7銭
ユーロ/米ドル1.8pips
※原則固定
片方のみ
(建玉の多い方のみ)
セントラル短資 米ドル/円2銭~
ユーロ/米ドル2.0pips~
片方のみ
(建玉の多い方のみ)
GMOクリック証券 米ドル/円0.3銭
ユーロ/米ドル0.4pips
※原則固定
両方
みんなのFX 米ドル/円0.5銭
ユーロ/米ドル0.9pips
(※朝3時~9時を除く)
両方
DMM.com 米ドル/円0.7銭
ユーロ/米ドル0.7pips
※原則固定
両方
FXブロードネット 米ドル/円0.5銭
ユーロ/米ドル1.3pips
両方
外為オンライン 米ドル/円1銭
ユーロ/米ドル1.0pips
両方

↑TOP


[myphp file=’inc/column_beginner’]

関連記事

米ドル円スプレッドランキング

1.SBI FXトレード

米ドル/円0.27銭(原則固定)
※但し1万通貨まで

2.GMOクリック証券

米ドル/円0.3銭(原則固定)
TVCMでお馴染み!

3. DMM FX

→0.3銭(原則固定)

4. ヒロセ通商(ライオンFX)

→ドル/円0.3銭!驚愕の低コスト!

5.YJFX!

→0.3銭 原則固定!安心・便利なFX業者です!

ユーロドルスプレッドランキング

1.ヒロセ通商(ライオンFX)

ユーロ/米ドル0.4pips銭(原則固定)!文句なしNo.1!

2.GMOクリック証券

ユーロ/米ドル0.4pips(原則固定) 顧客満足度1位!

3.DMM FX

→ユーロ/米ドル0.5pips!国内口座数第1位!

キャンペーン情報

今現在行われているキャンペーン情報を集めました。

どうせ申し込むならお得なFX業者を選んで賢くはじめちゃいましょう。

セントラルミラートレーダー

新規口座開設で最大3万円キャッシュバック実施中!

GMOクリック証券

新規口座開設で最大30,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

FXプライム byGMO

”全員対象のキャンペーンもあり!詳しい特典は、*公式サイト*でご確認下さい。。

LIONFX

ライオンFXのヒロセ通商 顧客満足度一位獲得キャンペーン実施中!

みんなのFX

新規口座開設後、取引量に応じ、最大10,000円キャッシュバック!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

新規口座開設後、1取引だけで5,000円キャッシュバック!

FXといえば

【当サイト限定タイアップ】7,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

マネーパートナーズ

【当サイト限定タイアップ】5,000円+1,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

JFX

新規口座開設10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

FXメルマガ

その日の経済指標をメールでお届けします
メルマガ登録
FX初心者が勝つ!今日の重要経済指標
購読希望の方は下記フォームにメールアドレスを入力して無料購読をクリックしてください。
>> メルマガ今日の重要経済指標!バックナンバー

重要経済指標の部屋

  • 重要経済指標の部屋