– 口座開設の為のFX会社比較 –

FXでも使えるダウ理論 6つの基本法則。管理人によるFX初心者へ為になるコラム -FX 初心者が失敗しない10ヶ条-

FXでも使えるダウ理論 6つの基本法則

FXでも使えるダウ理論 6つの基本法則

ダウ理論をご存知でしょうか。ある有名な投資家いわく指数平滑移動平均とダウ理論さえ理解していれば投資で利益を得ることは可能と言っています。ダウ理論とはアメリカ合衆国のジャーナリストで証券アナリストであったチャールズ・ダウ氏が提唱した理論です。

ダウ理論の中には6つの基本法則があります。

  • 平均はすべての事象を織り込む
  • トレンドには3種類ある
  • 主用トレンドは3段階からなる
  • 平均は相互に確認されなければならない
  • トレンドは出来高でも確認されなければならない
  • トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

この6つの理論によって成り立っています。この6つの項目を覚えておくだけでもダウ理論の概要は理解できると思います。詳細については、以下の通りです。

平均はすべての事象を織り込む

ファンダメンタルズや自然が起こす予測不可能な現象に至るまで、需要と供給に関わるすべてのことは市場に織り込まれるという理論です。現在ある市場の価格はすべてのファンダメンタルを反映した結果という考え方です。市場参加者は全ての事象を織り込んだ上で価格を決定しているという効率的市場仮説の主張に基づいているともいえます。

難しい言葉が並んでいますが、ここで覚えてもらいたいことは今ある市場の価格というのは戦争が起きていたり自然災害が起きていたり、ある投資家が大きい掛け金を掛けて取引をしていたり、ある政治家がこの国をのっとると発言したりということがあって為替が動くのですが、いま現在ある為替レートはこれらの事象を全て織り込んだ上の価格ということです。

ここには為替介入なども含まれています。

トレンドには3種類ある

1. 主要トレンド:1年から数年のサイクル
2. 二次トレンド:3週間から3ヶ月のサイクル
3. 小トレンド:3週間未満のサイクル

この3つのトレンドが市場には存在しているとしています。これらのトレンドは互いに独立しているというわけではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整であり、小トレンドは二次トレンドの調整であると考えられています。大きいトレンドのさらに上に大きいトレンドがあって、その大きいトレンドの中で下のトレンドは動いているということです。大きい流れには逆らわないほうが良いということを示しています。

主要トレンドは3段階からなる

主要トレンドは市場参加者によって3つの段階があるといわれています。

1. 先行期:市場価格が下落している局面で悪材料は織り込まれたとみる少数の投資家が底値買いをする時期。チャートの動き方としては下降トレンドか底値圏での推移
2. 追随期:市場価格が上昇トレンドとなっており、順張りの投資家が買いを入れる時期。
3. 利食い期:価格が十分上昇したところで先行期で買いを入れている投資家が利益確定の注文をする時期。上昇トレンドであるが上昇スピードが遅くなってきている頃です。

この3つの段階があるといわれています。

大きな上昇トレンドをうごくときにこの形が良くでるということです。はじめは、そろそろ底かなと考えた投資家が徐々に買いを入れていますので上昇はなだらかです。その次は上昇トレンドに入ったとみた投資家がだんだんと買い注文をいれるので加速度的に上昇トレンドが強くなります。

その次が、利食いが始まってきてますので上昇スピードが遅くなって下降に向かうというのが大きな上昇トレンドの動きとなります。大きな上昇トレンドが出てきてから取引をしていては利食い売りで下落する可能性が高いのでトレンドが明確になる前に取引しましょうということです。

平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的なテクニカル指標が存在している場合、両方のテクニカルで同じシグナルが見られない限り明らかなトレンドにはなっていないと考えられます。同時ではなくても良いが近似的にシグナルが発生した場合は同時に発生していると捉えます。

たとえば、テクニカル指標なのですが、他の考え方を取り入れると国内株式でのシグナルとFXのシグナルがほぼ同時に出るとかしないと本格的なトレンドにはならないといわれています。

トレンドは出来高でも確認されなければならない

市場の終値からトレンドをみることを重視した理論ですが、出来高の推移も重視しています。出来高が少ない場合は、薄商いの頃ですのでトレンドが明確になっていないとみます。出来高が多くトレンドが明確な場合にとりひきをすることで多くの利益をえることができます。薄商いのトレンドはダマシが多いですので、閑散時期には取引は控えましょう。

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

明確なトレンドの転換シグナルが発生するまでは現在のトレンドは継続するという考え方です。トレンドに逆らわず取引をしましょう。

どこがトレンドの変換点かというと、ダウ理論ので説明したトレンドには3種類あるとの考え方と似ているのですが、大きなトレンドの中でアップダウンをする小さなトレンドがあります。

小さなトレンドの安値は前に起きているダウンの安値を下回らなければ大きなトレンドが変わっていないとみます。前に起きた小さなトレンドの安値より下回ったらトレンドの変換点と判断するのがダウ理論のの考え方です。

以上がダウ理論ですが、理にかなっていると思います。くれぐれもトレンドに逆らった無理な取引はしないことです。そのためにはトレンドは上昇してるのか下降に向かっているのかそれともレンジ相場なのか、さらにトレンドの強さは強いのか弱いのかといったことを知ることが取引をする上では重要になります。

そのために、相場のトレンド・方向性を探る移動平均線ボリンジャーバンドなどのトレンド追従型指標や一定の範囲内(レンジ相場)での強弱を見るRSIストキャスティクスDMIなどのオシレーター系指標など、様々なチャート分析指標がその後、このダウ理論を元に生み出されました。

GMOクリック証券のプラチナチャートで表示させた、上から移動平均線・DMI・ストキャスティクス】

※クリックすると大きな画面で確認できます。

GMOクリック証券のプラチナチャートは操作が快適でデザイン性が高くストレスなく利用できると評判。

テクニカル指標にはサイコロジカルライン、移動平均線、DMI、ボリンジャーバンドなど以下38種類と豊富にそろえています。

■オシレーター系は以下18種類。
MACD、モメンタム、A/Dライン、ACオシレーター、オーサムオシレーター、ブルパワー、ベアパワー、デマーカー、RVI、RSI、ストキャスティクス、ウィリアムズ%R、サイコロジカルライン、DMI、ADX、ADXR、RCI、ROC

■トレンド系は以下20種類。
単純移動平均、指数平滑移動平均、エンベロープ、ボリンジャーバンド(3σまで)、高低線(HLバンド)、移動平均線/実線乖離率、ケルトナーチャネル、カオス・アリゲータ、平均足、新値足、カギ足、陰陽足、P&F、パラボリック、CCI、ジグザグチャート、線形回帰トレンド、アルーン、バランスオブパワー、一目均衡表

↑TOP


[myphp file=’inc/column_beginner’]

関連記事

米ドル円スプレッドランキング

1.SBI FXトレード

米ドル/円0.27銭(原則固定)
※但し1万通貨まで

2.GMOクリック証券

米ドル/円0.3銭(原則固定)
TVCMでお馴染み!

3. DMM FX

→0.3銭(原則固定)

4. ヒロセ通商(ライオンFX)

→ドル/円0.3銭!驚愕の低コスト!

5.YJFX!

→0.3銭 原則固定!安心・便利なFX業者です!

ユーロドルスプレッドランキング

1.ヒロセ通商(ライオンFX)

ユーロ/米ドル0.4pips銭(原則固定)!文句なしNo.1!

2.GMOクリック証券

ユーロ/米ドル0.5pips(原則固定) 顧客満足度1位!

3.DMM FX

→ユーロ/米ドル0.5pips!国内口座数第1位!

キャンペーン情報

今現在行われているキャンペーン情報を集めました。

どうせ申し込むならお得なFX業者を選んで賢くはじめちゃいましょう。

セントラルミラートレーダー

新規口座開設で最大3万円キャッシュバック実施中!

GMOクリック証券

新規口座開設で最大25,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

FXプライム byGMO

”全員対象のキャンペーンもあり!詳しい特典は、*公式サイト*でご確認下さい。。

LIONFX

ライオンFXのヒロセ通商 顧客満足度一位獲得キャンペーン実施中!

みんなのFX

新規口座開設後、取引量に応じ、最大10,000円キャッシュバック!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

新規口座開設後、1取引だけで5,000円キャッシュバック!

FXといえば

【当サイト限定タイアップ】7,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

マネーパートナーズ

【当サイト限定タイアップ】5,000円+1,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

JFX

新規口座開設10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

FXメルマガ

その日の経済指標をメールでお届けします
メルマガ登録
FX初心者が勝つ!今日の重要経済指標
購読希望の方は下記フォームにメールアドレスを入力して無料購読をクリックしてください。
>> メルマガ今日の重要経済指標!バックナンバー

重要経済指標の部屋

  • 重要経済指標の部屋