– 口座開設の為のFX会社比較 –

週間テクニカル分析 2016年3月17日 ユーロ/ドル相場観-FX 初心者が失敗しない10ヶ条-

週間テクニカル分析 2016年3月17日 EUR/USD 相場観

週間テクニカル分析 2016年3月17日

ユーロドル週間分析(3月7日~3月11日)※表示時間はロンドン時間、使用チャートはMT5となっています。
先週はオープンからレンジ気味での推移となり、1.0950ドル~1.1ドル半ばでの推移となっていました。そのまま1.1 ドル近辺での推移が続くかと思っていましたが、ECBの政策金利の利下げの発表を受け1.08ドル付近までの急落となりました。ただその後はドラギ総裁の現状況での一段の利下げは無いとの発言を受けて1.12ドル付近まで急上昇しています。
【画像 ユーロドル長期分析 3月7日~3月11日4時間足 一目均衡表】

ユーロドル長期分析
ユーロドルはこれまでの軟調な流れを吹き飛ばす勢いで急上昇しました。利下げが発表された事で安値を下抜き更新しましたが、ドラギ総裁の発言によって400pips程の急上昇となり、1.08ドルが堅いサポートとする事に成功しています。
今回の上昇によってファンダメンタル面でもテクニカル面でも上昇傾向が強まっているので利下げが行われたからと安易な逆張りでの売りは控えた方が良さそうですね。
ユーロドル短期分析
※赤いマークがエントリーポイント、赤い線はロスカット、黄色の○が利確ポイントとなっています。
【画像 ユーロドル短期分析?@ 3月7日~3月11日15分足 一目均衡表】

先週は米雇用統計で上昇した部分が戻るかどうかを考えていました。雇用統計での値動きはよほどインパクトのある内容でない限りは高確率で戻る事が多く、戻りきった後の流れに乗る事に決めていました。
?@のトレードポイントは米雇用統計が発表される直前のサポート部分付近まで下落し、その後移動平均線群を上抜いたのを確認してエントリーしました。
エントリー直後は大きく上昇しましたが、その後はレンジ気味での推移となり、移動平均線群や上昇トレンドを下に抜けてしまったのでそこで利確しました。その後は乱高下気味の推移が多くなってしまったので様子見としました。
ECBの政策金利の発表やドラギ総裁の発言によって相場の流れが大きく変わってきています。特に現状況での一段の利下げをしないという発言はユーロの価値をこれ以上に下げる事はしないとの見解もでき、1.4ドルから下落した理由の1つである追加緩和、利下げの1つが材料とならなくなったと考えられます。
また追加緩和についても市場は既に失望しユーロが買い戻された事を考えれば今回のはユーロドルの相場転換の始まりとなる可能性も十分にありそうですね。それでは今週も頑張りましょう!
関連記事
米雇用統計
ファンダメンタル
基礎からわかるFXテクニカル分析
ユーロの特徴と動き

 2016.3.7 記

【今週の注目経済指標・要人発言】
18:30イギリス2月消費者物価指数
2月生産者物価指数19:00ドイツ
欧州3月ZEW景況感22:00米国1月住宅価格指数23:00米国3月リッチモンド連銀製造業指数

日付

時間

指標・要人発言、講演

3月17日(木) 09:30 オーストラリア 2月就業者数
2月失業率
19:00 欧州 1月貿易収支
2月消費者物価指数・確報値
21:00 イギリス 政策金利発表
BOE議事録公表
21:30 米国 新規失業保険申請件数
3月フィラデルフィア連銀製造業指数
第4四半期経常収支
23:00 米国 2月景気先行指標総合指数
3月18日(金) 16:00 ドイツ 2月生産者物価指数
21:30 カナダ 1月小売売上高
2月消費者物価指数
23:00 米国 3月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値
3月21日(月) 18:00 欧州 1月経常収支
23:00 米国 2月中古住宅販売件数
3月22日(火) 18:00 ドイツ 3月IFO景況感指数
3月23日(水) 20:00 米国 MBA住宅ローン申請指数
23:00 米国 2月新築住宅販売件数
24:00 欧州 3月消費者信頼感
3月24日(木) 06:45 ニュージーランド 2月貿易収支
16:00 ドイツ 4月GFK消費者信頼感調査
17:30 ドイツ 3月製造業PMI
3月非製造業PMI
18:00 欧州 3月製造業PMI
3月非製造業PMI
18:30 イギリス 2月小売売上高
21:30 米国 2月耐久財受注
新規失業保険申請件数
3月25日(金) 21:30 米国 第4四半期GDP・確報値

▼GMOクリック証券では現在、口座開設で5,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中。さらに同時に開設される証券口座や信用取引口座では手数料無料のキャンペーンも行っています!
★詳細はこちら→ <a href=”c

関連記事

米ドル円スプレッドランキング

1.SBI FXトレード

米ドル/円0.27銭(原則固定)
※但し1万通貨まで

2.GMOクリック証券

米ドル/円0.3銭(原則固定)
TVCMでお馴染み!

3. DMM FX

→0.3銭(原則固定)

4. ヒロセ通商(ライオンFX)

→ドル/円0.3銭!驚愕の低コスト!

5.YJFX!

→米ドル/円0.3銭 (原則固定)安心・便利なFX業者です!

ユーロドルスプレッドランキング

1.ヒロセ通商(ライオンFX)

ユーロ/米ドル0.4pips銭(原則固定)!文句なしNo.1!

2.GMOクリック証券

ユーロ/米ドル0.4pips(原則固定) 顧客満足度1位!

3.DMM FX

→ユーロ/米ドル0.5pips!国内口座数第1位!

キャンペーン情報

今現在行われているキャンペーン情報を集めました。

どうせ申し込むならお得なFX業者を選んで賢くはじめちゃいましょう。

セントラルミラートレーダー

新規口座開設で最大3万円キャッシュバック実施中!

GMOクリック証券

新規口座開設で最大30,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

FXプライム byGMO

”全員対象のキャンペーンもあり!詳しい特典は、*公式サイト*でご確認下さい。。

LIONFX

ライオンFXのヒロセ通商 顧客満足度一位獲得キャンペーン実施中!

みんなのFX

新規口座開設後、取引量に応じ、最大50,000円キャッシュバック!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

新規口座開設後、1取引だけで5,000円キャッシュバック!

FXといえば

【当サイト限定タイアップ】7,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

マネーパートナーズ

【当サイト限定タイアップ】5,000円+1,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

JFX

新規口座開設10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

重要経済指標の部屋

  • 重要経済指標の部屋