– 口座開設の為のFX会社比較 –

米雇用統計 重要経済指標

米雇用統計(非農業部門雇用者数,失業率)

Job Report
米労働省労働統計局による1か月ごとの各セクターの雇用者数の増減や失業率の指標で、中でも最も注目されるのが非農業部門雇用者数と失業率の数値です。米国では個人消費がGDPの6割にも上るため雇用情勢が個人消費、経済に与える影響はとても大きく経済・金融政策の転換の見極めにもなります。また為替市場では事前の予想からある程度、相場が織り込んでいる場合が多いのですが、雇用統計ではこの予想との差が比較的大きく現れる場合がありそのインパクトも経済指標の中ではナンバーワンとなります。そのため雇用統計の発表前後の取引では、インターバンク市場(中央銀行に認定された特定の金融機関同士による為替取引をおこなう市場で、私たちが為替取引する際は、FX業者を通じてこのインターバンク市場へ注文が出されます。)では流動性が低下し注文が約定しずらくなったり、スプレットが異常に開いたり、さらにはFX会社へのアクセスが殺到しサーバーが落ちてしまうなんて事もあり、まさに最も注目され経済指標の王様とも呼ばれています。

 


米雇用統計 発表スケジュール

第一金曜日の22:30(日本時間)※米国サマータイムの場合は21:30

非農業部門雇用者数の推移 (万人)

※指標結果の数字をクリックすると発表時の為替チャート(ドル/ユーロ/円/ポンド/)が確認できます。
09年の一覧はこちら 10年の一覧はこちら 11年の一覧はこちら 12年の一覧はこちら
13年の一覧はこちら 14年の一覧はこちら

西暦/月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 20.0 31.3 10.3 16.4 22.3
2017 22.7 23.5 9.8 21.1 13.8 22.2 20.9 15.6 -3.3 26.1 22.8 14.8
2016 16.8 23.3 18.6 14.4 2.4 27.1 27.5 15.1 15.6 16.1 17.8 15.6
2015 20.1 26.6 11.9 18.7 26.0 23.1 22.3 15.3 14.5 30.7 28.0 27.1
2014 14.4 22.2 20.3 30.4 22.9 26.7 24.3 18.0 27.1 24.3 42.3 32.9
2013 14.8 33.2 14.2 19.9 19.5 18.8 8.9 23.8 17.5 20.0 24.1 8.4
2012 27.5 25.9 14.3 6.8 8.7 4.5 18.1 19.2 14.8 13.8 24.7 21.9
2011 6.8 23.5 19.4 21.7 2.5 1.8 8.5 5.7 10.3 10.0 10.0 20.0
2010 -3.9 -3.5 19.2 27.7 45.8 -19.2 -4.9 -5.9 -2.9 17.1 9.3 15.2
2009 -82.0 -72.6 -79.6 -66.0 -38.6 -50.2 -30.0 -23.1 -23.6 -22.1 -5.5 -13.0
2008 1.3 -8.3 -7.2 -18.5 -23.3 -17.8 -23.1 -26.7 -43.4 -50.9 -80.2 -61.9
2007 20.3 8.8 21.8 7.9 14.1 6.7 -4.9 -2.6 6.9 9.1 12.7 8.4
2006 28.1 31.7 28.7 18.2 1.1 8.0 20.2 18.5 15.6 -0.8 20.5 18.0

非農業部門雇用者数 チャート

 

米失業率の推移 (%)

西暦/月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 4.1 4.1 4.1 3.9 3.8
2017 4.8 4.7 4.5 4.4 4.3 4.4 4.3 4.4 4.2 4.1 4.1 4.1
2016 4.9 4.9 5.0 5.0 4.7 4.9 4.9 4.9 5.0 4.9 4.6 4.7
2015 5.7 5.5 5.5 5.4 5.5 5.3 5.3 5.1 5.1 5.0 5.0 5.0
2014 6.6 6.7 6.7 6.3 6.3 6.1 6.2 6.1 5.9 5.8 5.8 5.6
2013 7.9 7.7 7.6 7.5 7.6 7.6 7.4 7.3 7.2 7.3 7.0 6.7
2012 8.3 8.3 8.2 8.1 8.2 8.2 8.3 8.1 7.8 7.9 7.8 7.8
2011 9.0 8.9 8.8 9.0 9.1 9.2 9.1 9.1 9.1 9.0 8.6 8.5
2010 9.7 9.7 9.7 9.9 9.7 9.5 9.5 9.6 9.6 9.6 9.8 9.4
2009 7.6 8.1 8.5 8.9 9.4 9.5 9.4 9.7 9.8 10.2 10 10
2008 4.9 4.8 5.1 5.0 5.5 5.5 5.7 6.1 6.1 6.6 6.8 7.2
2007 4.7 4.7 4.7 4.7 4.7 4.6 4.7 4.7 4.5 4.4 4.5 4.4
2006 20.6 30.0 24.9 14.4 10.3 12.4 22.2 18.6 19.8 10.9 19.6 22.6

 

米失業率 チャート

関連記事

米ドル円スプレッドランキング

1.SBI FXトレード

米ドル/円0.27銭(原則固定)
※但し1万通貨まで

2.GMOクリック証券

米ドル/円0.3銭(原則固定)
TVCMでお馴染み!

3. DMM FX

→0.3銭(原則固定)

4. ヒロセ通商(ライオンFX)

→ドル/円0.3銭!驚愕の低コスト!

5.YJFX!

→0.3銭 原則固定!安心・便利なFX業者です!

ユーロドルスプレッドランキング

1.ヒロセ通商(ライオンFX)

ユーロ/米ドル0.4pips銭(原則固定)!文句なしNo.1!

2.GMOクリック証券

ユーロ/米ドル0.5pips(原則固定) 顧客満足度1位!

3.DMM FX

→ユーロ/米ドル0.5pips!国内口座数第1位!

キャンペーン情報

今現在行われているキャンペーン情報を集めました。

どうせ申し込むならお得なFX業者を選んで賢くはじめちゃいましょう。

セントラルミラートレーダー

新規口座開設で最大3万円キャッシュバック実施中!

GMOクリック証券

新規口座開設で最大25,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

FXプライム byGMO

”全員対象のキャンペーンもあり!詳しい特典は、*公式サイト*でご確認下さい。。

LIONFX

ライオンFXのヒロセ通商 顧客満足度一位獲得キャンペーン実施中!

みんなのFX

新規口座開設後、取引量に応じ、最大10,000円キャッシュバック!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

新規口座開設後、1取引だけで5,000円キャッシュバック!

FXといえば

【当サイト限定タイアップ】7,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

マネーパートナーズ

【当サイト限定タイアップ】5,000円+1,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

JFX

新規口座開設10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

FXメルマガ

その日の経済指標をメールでお届けします
メルマガ登録
FX初心者が勝つ!今日の重要経済指標
購読希望の方は下記フォームにメールアドレスを入力して無料購読をクリックしてください。
>> メルマガ今日の重要経済指標!バックナンバー

重要経済指標の部屋

  • 重要経済指標の部屋