– 口座開設の為のFX会社比較 –

週間テクニカル分析 2016年4月21日 ユーロ/ドル相場観-FX 初心者が失敗しない10ヶ条-

週間テクニカル分析 2016年4月21日 EUR/USD 相場観

週間テクニカル分析 2016年4月21日

ユーロドル週間分析(4月11日~4月15日)※表示時間はロンドン時間、使用チャートはMT5となっています。
先週のユーロドルは1.14ドル後半のレンジを下抜け1.12ドル前半まで下落しています。材料難から高値圏でのレンジが続いていましたが、ユーロ圏の経済指標が悪かった事を受け下落となりました。クローズには1.13ドル台まで上昇していますが、軟調な推移が続く可能性がある事は覚えておきましょう。
【画像 ユーロドル長期分析 4月11日~4月15日4時間足 一目均衡表】 ユーロドル長期分析 ユーロドルはユーロ圏の経済指標が予想よりも悪かった事を受けて下落しました。1.12ドル前半までの下落でいったん落ち着いていますが、移動平均線一目均衡表の雲を下抜けている事や4時間足でのレンジを下抜けている事もあり下落リスクが高まっています。
4時間足の移動平均線や直近の高値を上抜けられないままだとここから下落する可能性が高い事を意識しておきましょう。
【画像 ユーロドル短期分析?@ 4月11日~4月15日15分足 一目均衡表】 ユーロドル短期分析(1時間足) ※赤いマークがエントリーポイント、赤い線はロスカット、黄色の○が利確ポイントとなっています。
先週は4時間でのレンジが続いていたので1時間足でのレンジトレードを狙っていました。高値圏、安値圏のどちら側からでもトレードをしていく事ができるのでレンジトレードの良い所ですが、今回の様にレンジを抜けてしまっても再び戻るとの意識が芽生えやすく損切りをしにくくなってしまうのでしっかりと損切りをするポイントを決めておきましょう。 ?@のトレードポイントはレンジトレードを狙ったトレードとなっています。今週は高値圏からのスタートとなっていたので売りでのトレードを狙いました。また上値は1.150ドルを超えておらず、損切りのラインを1.150ドルと設定しやすかった事も売りを狙った理由です。
エントリー後は高値を更新し焦る部分もありましたが、損切りを1.150ドルと決めていたのでそのまま維持していると無事下落してくれたので1.1350ドル付近で利確しました。 ?Aのトレードポイントは?@を利確後に再下落しレンジ下限を下抜いたのでエントリーしています。?@の利確後に移動平均線群を上抜いた場合はそのまま再度売りを狙うつもりでしたが移動平均線群で反落となったので様子を伺っていましたが、そのまま安値更新しレンジ下抜けとなったのでそこでエントリーしました。
その後はしばらく様子を見ていましたが、?@が落ち着め始めボリジャーバンドの下限に振れたのでそこで利確しています。
先週はついに下落となってしまいましたね。ここまでレンジトレードで稼げていましたが、今週からは順張りでのトレードを狙っていきたいと思います。
今週は4時間足での移動平均線や直近高値での攻防に注目しておきましょう。それでは今週も頑張りましょう!

今週の注目経済指標・要人発言

22:00 米国 2月米S&P/ケース・シラー住宅価格指数23:00 米国 4月消費者信頼感指数
4月リッチモンド連銀製造業指数

日付 時間 指標・要人発言、講演
4月21日(木) 17:30 イギリス 3月小売売上高
3月財政収支
20:45 欧州 金融政策発表
21:30 米国 新規失業保険申請件数
4月フィラデルフィア連銀製造業指数
22:00 米国 2月住宅価格指数
23:00 欧州 4月消費者信頼感・速報値
4月22日(金) 16:30 ドイツ 4月製造業PMI
4月非製造業PMI
17:00 欧州 4月製造業PMI
4月非製造業PM
21:30 カナダ 2月小売売上高
3月消費者物価指数
4月25日(月) 17:00 ドイツ IFO景気指数I
23:00 米国 3月新築住宅販売件数
4月27日(水) 06:45 ニュージーランド 3月貿易収支
10:30 オーストラリア 第1四半期消費者物価指数
15:00 ドイツ 5月GFK消費者信頼感
17:00 欧州 3月マネーサプライM3
17:30 イギリス 第1四半期GDP
20:00 米国 MBA住宅ローン申請指数
23:00 米国 3月米中古住宅販売保留件数
27:00 米国 FOMC政策金利
4月28日(木) 06:00 ニュージーランド 政策金利発表
16:55 ドイツ 4月失業者数
4月失業率
21:00 ドイツ 4月消費者物価指数・速報値
21:30 米国 第1四半期GDP・速報値
新規失業保険申請件数
4月29日(金) 07:45 ニュージーランド 3月住宅建設許可
10:30 オーストラリア 第1四半期生産者物価指数

▼GMOクリック証券では現在、口座開設で最大25,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中。さらに同時に開設される証券口座や信用取引口座では手数料無料のキャンペーンも行っています!

★詳細はこちら→ GMOクリック証券

↑TOP


週間テクニカル分析

関連記事

米ドル円スプレッドランキング

1. ヒロセ通商(ライオンFX)

→ドル/円0.2銭!驚愕の低コスト!

2.GMOクリック証券

米ドル/円0.2銭(原則固定)
TVCMでお馴染み!

3. DMM FX

→0.2銭(原則固定)

4.YJFX!

→米ドル/円0.2銭 (原則固定)安心・便利なFX業者です!

5.SBI FXトレード

米ドル/円0.27銭(原則固定)
※但し1万通貨まで

ユーロドルスプレッドランキング

1.ヒロセ通商(ライオンFX)

ユーロ/米ドル0.4pips銭(原則固定)!文句なしNo.1!

2.GMOクリック証券

ユーロ/米ドル0.4pips(原則固定) 顧客満足度1位!

3.DMM FX

→ユーロ/米ドル0.5pips!国内口座数第1位!

キャンペーン・特典情報

今現在行われているキャンペーン・特典情報を集めました。

どうせ申し込むならお得なFX業者を選んで賢くはじめちゃいましょう。

セントラルミラートレーダー

新規口座開設で最大3万円キャッシュバック実施中!

GMOクリック証券

新規口座開設で最大30,000円キャッシュバック特典実施中!

FXプライム byGMO

”全員対象のキャンペーンもあり!詳しい特典は、*公式サイト*でご確認下さい。。

LIONFX

ライオンFXのヒロセ通商 顧客満足度一位獲得キャンペーン実施中!

みんなのFX

新規口座開設後、取引量に応じ、最大50,000円キャッシュバック!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

新規口座開設後、1取引だけで5,000円キャッシュバック!

FXといえば

【当サイト限定タイアップ】7,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

マネーパートナーズ

【当サイト限定タイアップ】5,000円+1,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

JFX

新規口座開設10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

重要経済指標の部屋

  • 重要経済指標の部屋